インビザライン矯正|栃木県足利市のよしたに矯正歯科

インビザライン矯正

インビザライン

透明で目立たないマウスピース型の矯正装置「インビザライン」

当院では取り外し式の透明なマウスピースを1日22時間以上装着する事で
歯並びを矯正する「インビザライン」を導入しています。
歯の矯正と聞くと
「歯の矯正って目立つ奴でしょ…」
「日常生活(食事や会話)に影響は…」
「金属アレルギーなんだけど…」
といった不安や心配の声を多くいただきます。
インビザラインは透明で目立たない、取り外しができるなど、
ワイヤーを用いた器具にありがちな問題を解決する矯正方法です。
ご興味のある方はお気軽にスタッフまでご相談ください。

インビザラインの特徴

治療の流れ

  1. 1診断・カウンセリング

    お口の状態を確認し、インビザラインによる治療が可能か(適切か)どうかを判断します。

  2. 2治療計画の作成

    インビザラインでの治療が可能でしたら、精密な歯型や噛み合わせのデータなどを撮り、治療の計画を立てます。

  3. 3矯正装置の製作

    データを基に治療に必要な数のアライナー(マウスピース)を製作します。製作を海外で行いますので、治療の開始まで1ヶ月程度かかります。

  4. 4矯正治療の開始

    アライナーをお渡しして治療が始まります。1日22時間を目安にアライナーを装着してください。毎日、装着しないと効果的な治療が期待できません。

  5. 5定期メンテナンス

    1〜2ヶ月に1回ほど通院していただき、矯正の状況を確認していきます。

PAGE TOP